読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミナミサンのいうとおり!?

「K!SPO」等の野球コラムで人気のライター南 郁夫氏に、日常のあれこれをテーマに綴ってもらってます。

第4回「嘘」

 
大人たちはことあるごとに子供に
「嘘つきは泥棒の始まりだ」と言い、
嘘がいかに悪いことかを教え込む。
 
しかし子供が
「勉強なんてしたくありません」
「あんたみたいな大人になりたくありません」
「まだ泥棒の方がマシです」
などと正直に言うと、
烈火のごとく叱るのである。
 
たいていの子供はそこで
「本当のことを言うのもまずいらしい」
と学び、
大人が喜びそうな嘘の言動をくり返して
その後の人生を送ることになる。
 
なかなかうまくできている。
 
例えば
一緒にいたくない相手にお茶を誘われて
本当は用事はないのに
「今日は用事があるので」
と断るようなことは、誰でもやっている。
 
がしかし、
たまに教育の行き届いた人がいて
「用事がある=嘘である=嘘は罪である」
と考えて、本心では一緒にいたくない相手と
お茶をして無為な時間を過ごす人がいる。
 
その人は自分に嘘をついているのだが、
そこに気づいていない。
自分につく嘘のことまでは
誰も教えてくれなかったからである。
 
自分にだけは嘘をつきたくない。
 
大切な人生を無駄にしてしまわないため
私の理想の答えはこうである。
 
「用事はないけど
 あんたなんかと付き合う時間はないっ」
 
なんと正直な!やはり正直は気持ちいい。
がしかし・・なかなかそうはいかない。
そういう人生もまた、しんどそうである。
 
自分を守るための嘘は「よし」としている。
幸い、
それでまだ泥棒にはなっていないようである。
 
ルパンくらいにならなってもいいのだが。
 
南郁夫
野球観察者
スポーツと健康のWEB &FREEマガジン「K!SPO(ケースポ)」で野球コラム掲載中
 
*ここ3日連続で無意識にある歌を口ずさんでいたのです。
 昭和歌謡、中条きよしの「嘘」。
 男の作詞家が書いた女目線の歌詞に違和感を覚えながら 
 何故3日連続で、、。だからミナミさんのお題にしてみました。