読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミナミサンのいうとおり!?

「K!SPO」等の野球コラムで人気のライター南 郁夫氏に、日常のあれこれをテーマに綴ってもらってます。

第2回「友達」

 
団体行動は苦手だし、つるむのが嫌い。
お酒も飲まない。
なので、友達と呼べる人は極めて少ない。
それで別に困ったことはない。
 
パートナーと若干の知り合いがいてれば、
生きていけるのだ。
 
友達信仰の強い人の話を聞いていると、
友達は困ったらみんなで助けてくれたり、
悩み話を聞いてくれるらしい。
 
そういうことなら、
あんまりそういうのは、いらないなと思う。
自分のことは自分で解決したい。
 
自分の人生で友達と呼べる
数少ない人達とは、
共通の分野や人生観で
影響や刺激を受け合った仲間だ。
 
そこには程よい緊張感があるので、
一緒にいても愚痴や相談なんてことには
ならない。
 
そして魂の部分で繋がっているので
しょっちゅう会うわけではない。
それが友達。
 
つい最近。
 
遠方に住む一番の親友が亡くなったと
人づてに聞いた。
重い病気の末の最期だったらしいが、
病床からの連絡はなかった。
 
私はそれを、薄情だとは思わない。
自分もそうするだろうと思う。
 
大切な友達を困らせたくないからだ。
 
南郁夫
野球観察者
スポーツと健康のWEB &FREEマガジン「K!SPO(ケースポ)」で野球コラム掲載中
 
 
*ある朝、歯を磨きながら、ふと「友達って何かな」と思った。
 いろいろな経験を積んできたミナミさんはなんて書くのか
 興味津々でした。
 
*このブログは私がミナミ氏に「お題」を出して
 ちゃっちゃと書いてもらおうという企画です