読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミナミサンのいうとおり!?

「K!SPO」等の野球コラムで人気のライター南 郁夫氏に、日常のあれこれをテーマに綴ってもらってます。

第1回「春の予感」

 
寒さが苦手なものにとっては、
あまりにもあまりにも長すぎる冬。
 
首をすくめたり、手をもんだり、背中を丸めたり。
あれこれ着込んでいるうちに、外出を断念したり。
もう「南への逃走」しかないと本気で決心しそうな、
限界ギリギリで気絶寸前の、その頃合に。
 
冷たい風の中に少しだけ
「もうちょいで、寒いの終わりですからっ」
という「温かみ」をほんのり感じる瞬間が、訪れる。
 
これを称して「春の予感」という。
 
それで毎年何とか逃走を踏みとどまっているのであるが、
この「予感」の正体て、なんなのだろうか。
 
単に気温から呼び起こされる感覚?
 
それなら同じ気温の「秋」にも
「春の予感」がしそうなものだが、
それは寂しい「冬の予感」に感じてしまうではないか。
 
なんだかエアコンの冷房26度と暖房26度て
同じなのか?みたいな話になってしまった。
 
多分、もっと「匂い」など根源的な「何か」を
五感が感じているのではないか?という程度の
適当な結論で、満足したい。
 
春が来るなら、何でもいいのだ。
 
ところで。
「春の予感」を感じた瞬間に心が夢想するのは
開放感や希望などポジティブな甘い感覚ばかりだが。
 
現実の人生では春になったからといって
いいことばかりが起こったことはない気がする。
入学や就職のイメージって、その真逆だし。個人的には。
 
まあ幻想で生きのびていきなさい、ということか。
 
と。またまた適当すぎる結論だが、
春が来るなら、冬が終わるなら、
何でもいいのだ。
 
南郁夫
野球観察者
スポーツと健康のWEB &FREEマガジン「K!SPO(ケースポ)」で野球コラム掲載中
 
*このブログは私がミナミ氏に「お題」を出して
 ちゃっちゃと書いてもらおうという企画です
 
*あなたもミナミ氏になにか書いてもらいませんか?
 「お題」募集中です!